アトピー性皮膚炎 顔面部・腕・首 (反応点治療研究会症例集)

 原因のアレルゲン、それらと感染や代謝、疲労、ストレス、皮下の構造などを考える。このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会がアトピー性皮膚炎について、東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アトピー性皮膚炎

30代 女性

初診
幼少期から全身のアトピー性皮膚炎に悩んでいる。全身のかゆみと、顔のほてりがひどく、まぶたが腫れるので見た目も気になる様子である。また、息苦しくなることもあるようで、心配になり来院された。自宅療法の指導も行い治療を行った。

2回目
初診から2日間ほどほてりや動悸は落ち着いていたが、3日目にもなると元の症状に戻ってしまう。引き続き自宅でのケアを徹底するように指導した。小腸、肝臓の反応の改善に時間を要した。

2ヵ月後
ほてりや動悸は治療後落ち着くが、寝不足や疲労が続くとまたひどくなるようだ。皮膚炎の状態は大きな変化は見られない。毎日の自宅療法を指導するが、多忙なこともありなかなか毎日は実行できていないようだ。


治療のポイントと反応点の状況
耳、小腸、肝臓の反応点を重点に治療を行った。小腸と肝臓の反応点の改善には時間がかかる。皮膚が敏感なため、状況に応じて接触針での刺激も加えた。

治療の経過と感じたこと(感想)
局所的なアトピー性皮膚炎の例では比較的短時間に治療効果が得られる。しかし本例のような全身性のアトピー性皮膚炎では、内臓機能や体質改善を進める必要がある。通院と自宅療法を根気よく積み重ねることが、つらさから脱出するための近道だろうと思われる。アトピー性皮膚炎は気管や自律神経機能にも影響が及ぶことから、ほてりや動悸など複雑な症状を誘発したとも考えられる。これら全身性の非アトピー性皮膚炎患者の苦悩は計り知れないと思われた。


反応点治療研究会
神戸市 摩耶はり灸院  畑綾乃
スポンサーサイト

| 摩耶はり灸院  畑 綾乃 | 20:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |